要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがありますの解決方法とは【エックスサーバーxワードプレス】

グーグルアドセンス ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあると警告された時の対処方法(備忘録)

グーグルアドセンスで 「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」のメッセージが表示されたら一体どのようにすればいいのでしょうか?

ads.txt ファイルを正しく設置すると、サイトが本物だということを示すことが出来て、サイトの信頼性が高まるというのですが、現段階では「推奨されている」レベルで、必須ではありませんとアドセンスのヘルプに記載があり、急いで対応する必要性はないようです。

しかし、突然現れた要注意にドキッとしますね。結構な存在感でエラー表示されるので、放置するのは気が引けます。何とか対応できたので今回は対処方法を備忘録として記録しておきます。

※この操作は、コードの記述を誤ると逆効果となり、広告配信が止められる可能性もあります。操作はバックアップなど十分に行った上で進めることを強くお勧めいたします。

また、この記事は、Windows、エックスサーバーワードプレスを使用しているケースで、行う手順はそれぞれのPC環境によって変わります。

こちらで行った操作の大枠は下記のようになりました。あくまでも備忘録ですので、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

①ads.txtのテキストボックスを作成する

②Xサーバーでads.txtのテキストボックスをアップロードする

③アドセンスのホーム画面から警告が消えたか確認する

一つずつ見ていくと・・・

ads.txtのテキストボックスを作成する

サイト運営者IDを調べる

AdSense アカウントにログインし、「①ホーム」→「②アカウント」→「③アカウント情報」をクリック

アカウント情報の「サイト運営者ID」の番号をコピーする。「サイト運営者ID」は、

pub-0000000000000000の数字の部分です。

この「サイト運営者ID」はアドセンスのアカウントが同じならサイトが複数あっても共通で1つのIDとなります。

ads.txt のテキストファイルを作る

Terapadメモ帳などを使用して ads.txt ファイルを作成するのですが、Windowsのメモ帳ではUTF-8Nは設定できないようです。

例はメモ帳を使用しています。

ファイル内に次の 1 行を含め、pub-の000000の部分は先ほど確認した自身のサイト運営者IDをコピペします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ads.txt テキストファイルを保存する

保存するときに注意することは文字コードです。「UTF-8」の中でも種類があり、「BOMあり」と「BOMなし」があるそうです。

BOMとは「バイトオーダーマーク(byte order mark)」の略です。

BOMありだとファイルの先頭部分に目に見えないデータが付加されます。

BOMありの場合を >>>「UTF-8

BOMなしの場合を >>>「UTF-8N

と呼んだりしますが、これは日本独自の呼び方らしいのです。

日本のWindowsの文字コードは「Shift-JISコード」が標準的に使用されていて、Unix/LinuxMacではその他の文字コードが使用されているとのこと。

今回作成が必要な「ads.txtファイル」に「UTF-8」を書くとエラーとなります。

「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックし、保存名は「ads.txt」、文字コードは「UTF-8」を指定して保存しますが、日本のサイトでもっとも多いエラーがこの問題なのだとか。。

Windowsのメモ帳ではUTF-8Nは設定できないという事なので、テラパッドを使用することにしました。

【テラパッドの場合・・・】

「表示」から「オプション」を選択

テラパッドでは文字コードを指定して保存することが出来るはずなのですが、テキストファイルで保存すると「Shift-JISコード」の形式となりどうしても上手くいきませんでした。

後に調べるとTeraPadは書式の無いタイプのエディタでTeraPadではUTF-8にすると、BOM無しのUTF-8でしか保存できないのだそうです・・・。

この時点では、そんな違いも分かっていなかったので、テラパッドで作成したテキストファイルを使用してサーバーにアップロードすることにしました。

次の作業はこちらです。

サーバーでads.txtのテキストボックスをアップロードする

ここからサーバーのファイルをいじるので緊張しますが、必ずバックアップを取って作業を行うようにしましょう。

サーバーにアップロードする際はFTPソフトを使用しますが、エックスサーバーにはブラウザ上からファイルを直接アップロード・削除等ができるファイルマネージャー機能もあるので今回はそのシステムを使用します。

エックスサーバー ファイルマネージャーにログイン

エックスサーバーログインします。「ファイルマネージャー」へのログイン方法は二つあります。

①一つ目は、タブのメニュー「ファイルマネージャー」からログイン

②二つ目のログイン方法は、インフォパネルへログインし、ページ下部「ご契約一覧 > サーバー」の「ファイルマネージャー」からもアクセスが可能です。

アップロードする場所

自身のブログが複数ある場合はそれぞれのフォルダが表示されているはずです。

アップロードする「サイトのフォルダ」→「public_html」をクリック

同じエックスサーバーで、複数のブログを運営している場合も同じ作業をそれぞれのブログで行っていきます。

3. アドセンスのホーム画面から警告が消えたか確認する

上手くいったかどうかをチェックできるサイトを二つ記載します。

①一つ目は、こちらのサイト

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

URL https://fe.datasign.co/adstxt/

しかし、こちらのチェッカーサイトでは、下記の文字コードのエラーがどうしても消せません!!

②二つ目はこちらのサイト。「Perfect!」になります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

URL https://adstxt.guru/validator/

結局、原因ははっきりしないまま・・・

BOMありやBOMなしなど様々な原因をネットで調べましたが、一つ目のチェックサイトのエラーをどうしても消すことが出来ず・・・。

テキストエディタで文字コードさへ問題なくファイルを作成できたら解消できるはずだと思うのですが、それがどうしても解決できませんでした。

FTPソフト側でエンコードしてしまっていないかもエックスサーバーに問い合わせて確認してみましたが、そのような事はないという回答。ということで、文字コードの件は原因が分からないまま。

このエラーを放置しても、グーグルの方ではエラーにはならず、要注意メッセージはそのうち消えるという記事を見つけました。

しかし、チェックサイトで、エラーのままなのはやっぱり気持ちが悪かったので、最後の手段を試してみることにしました。

.htaccessファイルに文字コード指定の記述をする方法です。

.htaccessファイルとはサーバーをディレクトリ単位で制御するためのファイルで、あまりいじりたくなかったのですが、ここまで来ると後にも引けず・・・

記述の方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。

【参考記事】

URL https://www.haneda-airport-server.com/entry/adstxt#adstxt-3

この方法を試すと、文字コードのエラー表示は解消され、グーグルの要注意メッセージも数日後に解消されました!

ads.txtの警告 二つの種類

ads.txt ファイルに関して、グーグルからの警告メッセージの種類は2種類あるようです。

①一つ目は、ads.txt ファイルの設置を促す警告

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

放置していても、現時点では問題ないとのことです。

②二つ目は、ads.txt ファイルが正しく設置されていないと表示される警告

要注意- AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

これが出たら直ちに対処しないと収益にも影響がでます

この一連の作業を行う中で、文字コードのエラーに専念しすぎて、ほかの箇所の記述にタイポをしてしまうというイージーミスを発動してしまい、このエラーにも遭遇しました。

この二つの警告メッセージを経験しましたが、結果、このエラーメッセージから脱出することができました。

ads.txt まとめ

なかなか面倒な作業ですが、「要注意」と言われるほどなので放置し続けるとGoogle側から広告停止などのペナルティを受けるという情報があったり、放置していても特段、問題ないという情報があったり色んな情報があったのでどうしていいのか悩みましたが、エラー表示が出続けるのはやはり嫌だったので、解消すべく対応することにしました。

長い道のりになった挙句、結局、文字コードの根本的な原因は解明出来ませんでしたが、結論としては解決できました。

以下に参考にさせていただいた記事を記載しておきます。ありがとうございました。

【参考URL】

●https://support.google.com/adsense/thread/7046391?hl=ja

●https://www.1-firststep.com/archives/2258

●https://www.haneda-airport-server.com/entry/adstxt#adstxt-3

【ロリポップの場合】

●https://www.akaeho.net/lolipop-adstxt/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする