アレキサンダー・ワン Scale AIの創業者CEOは22歳若手起業家!年齢や経歴は?ネクストシリコンバレー

アレキサンダー・ワンのプロフィールや画像!スケールAIのCEO シリコンバレー最新のユニコーンと呼ばれる天才の両親は物理学者

アレキサンダー・ワンのwikiプロフィール

本人ツイッター:https://twitter.com/alexandr_wang

名前:Alexandr Wang

生年月日:非公開

現在の年齢:22歳

職業:Scale AIの創業者でCEO

出身:ニューメキシコ出身

在住:サンフランシスコ

アレキサンダー・ワン 経歴や生い立ち

アレキサンダー・ワンシリコンバレー最新のユニコーンと呼ばれる若手起業家です。

父親も母親も物理学者という両親の元に生まれ、コーディングコンペで異才を発揮し、高校在学中に企業から採用オファーが舞い込むほど将来有望な人材として若くから注目されていました。

大学はマサチューセッツ工科大学に進学しましたが、中退してユーザーコミュニティで作成、編集、運営を行うQ&Aサイトのクオーラ(Quora)に入社しました。

その後、19歳という若さで「Scale AI」という新会社をITのメッカ、サンフランシスコで立ち上げました。この時、集まった投資額は1億ドル、日本円にして約106億円にも上ります。

そして、三年後には若干22歳にして「Scale AI」の評価額が10億ドルを超えているというから今後の可能性は計り知れません。

では、この「Scale AI」という会社は一体、どんな事をしている会社なのでしょうか。

Scale AIとは

例えば、タグ付けやラベル張りなどの単純労働をコーディングによって数時間かかっていたものを数分に短縮したのがScale AIが認められた最も大きな功績と言えるでしょう。

Scale AIは自動運転の業界で主要顧客を持っており、今後、あらたな産業へ展開できる可能性が見いだされ大きな投資額がついたと言われています。

<顧客例一例>

・Google系列の自動運転車開発会社Waymo

・GMの自動運転車開発会社Cruise

・ライドシェアのUber、Lyftなど

今後は、異なる業界の例えば、言語処理、マッピングやロボット工学への参入も期待されている通り、すでに新規顧客にその業界の会社が入ってきています。

<新規顧客例一例>

・無人レジのStandard Cognition

・言語処理のOpen AI

・無人レジのStandard Cognition

・Airbnb

・Nuro

この様なラベル貼りはAI会社にとってはお金にならないローエンド事業で、単純作業は外注しています。このような構造は「シリコンバレーAI業界の小さな闇」と言われており、人件費を切り詰める姿勢が時に批判をあびています。

この矛盾をどうやってクリアにしていくかが課題かもしれませんが、本当にお金になるのは異業種展開できるAIモデルでまさにScale AIはそこを今、最短で目指していると言えます。

今後のアレキサンダー・ワンに期待したいですね。

アレキサンダー・ワン ツイッター

★Twitterアカウント

⇒https://twitter.com/alexandr_wang

スポンサーリンク

シェアする

フォローする