本庶佑(ほんじょたすく)ノーベル医学・生理学賞受賞タンパク質PD-1やオプシーボとは?妻や子供は?年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真は?



祝!本庶佑教授が免疫を抑制するタンパク質「PD-1」を発見しノーベル医学生理学賞!出身高校や大学は?

2018年10月1日、免疫を抑制するタンパク質「PD-1」を発見し、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発に導いた本庶佑京都大特別教授のノーベル賞受賞が決定しました。

研究者として最高の栄誉に輝いた本庶佑京都大特別教授とは一体どんな方なのでしょうか。

本庶佑 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:本庶佑
読み方:ほんじょ たすく
免疫科専門医
本庶 佑は、日本の医師、医学者。勲等は文化勲章。学位は医学博士。京都大学名誉教授・高等研究院特別教授、公益財団法人先端医療振興財団理事長、ふじのくに地域医療支援センター理事長、静岡県公立大学法人顧問、日本学士院会員、文化功労者。 ウィキペディア
生年月日: 1942年1月27日 (年齢 76歳)
生まれ: 京都府 京都市
出身校: 京都大学
著名な活動: クラススイッチ、 がん免疫療法、 PD-1、 インターロイキン-4、 インターロイキン-5、 活性化誘導シチジンデアミナーゼ

本庶佑 経歴

1942年、京都府京都市で生まれましたが、医師である父親の仕事の都合で、山口県宇部市で高校まで育ちました。

本庶佑 学歴

1957年-1960年 高校

山口県立宇部高校

1960年-1966年 大学

京都大学医学部

1967年 インターン

京都大学医学部附属病院にてインターンに従事

1967年-1971年 大学院

京都大学大学院の医学研究科生理系専攻に進学。大学院在籍中に医師国家試験に合格し、1971年、京都大学大学院の医学研究科を修了。

1975年

京都大学より医学博士号を取得

本庶佑 職歴

1966年 京都大学 医学部 卒業
1975年 京都大学 医学博士
1971-1973年 カーネギー研究所 発生学部門 客員研究員
1973-1974年 米国国立衛生研究所 国立小児保健発達研究所 客員研究員
1974-1979年 東京大学 医学部助手
1979-1984年 大阪大学 医学部教授
1984-2005年 京都大学 医学部教授
1996-2000年 京都大学 大学院医学研究科長・医学部長
2002-2004年 京都大学 大学院医学研究科長・医学部長
2005年- 京都大学 大学院医学研究科 特任教授
2006-2017年 京都大学 客員教授
2006-2012年 内閣府総合科学技術会議 議員
2012-2017年 静岡県公立大学法人 理事長
2015年- 公益財団法人先端医療振興財団 理事長
2017年- 京都大学 高等研究院 特別教授

本庶佑 受賞歴

1981年 第25回野口英世記念医学賞
1982年 昭和56年度朝日賞
1996年 日本学士院賞恩賜賞・日本学士院賞
2000年 文化功労者
2001年 米国科学アカデミー外国人会員
2004年 トムソン「最先端研究領域において活躍する日本の研究者」
2012年 ロベルト・コッホ賞
2013年 文化勲章
2014年 唐奨
2014年 ウィリアム・コーリー賞
2014年 日本癌学会 JCA-CHAAO 賞
2015年 Smalley Award
2016年 京都賞
2016年 慶應医学賞
2016年 Fudan-Zhongzhi Science Award in Biomedicine
2016年 日本薬学会創薬科学賞
2017年 Warren Alpert 財団賞
2018年 ノーベル医学・生理学賞

本庶佑 ノーベル賞

2018年10月、免疫の働きを抑えるブレーキ役となる物質を発見し、がんに対して免疫が働くようにする新たな治療薬の開発に貢献した京都大学特別教授の本庶佑さんが選出されました。

日本人がノーベル賞を受賞するのは26人目(アメリカ国籍取得者含む)で、医学・生理学賞では、おととしの大隅良典さんに続いて5人目だそうです。

本庶佑 研究内容は?

本庶佑教授の研究分野は分子免疫学です。主な研究成果は下記の通りです。

●免疫をつかさどる細胞にある「PD-1」という新たな物質を発見

●体の中で免疫が働くのを抑えるブレーキの役割をすることを発見

●人の体が本来持っている免疫でがん細胞を攻撃させる新しいタイプの治療薬「オプジーボ」という薬の開発

本庶博士の治療法は感染症におけるペニシリンと同レベルの研究成果で、癌治療の革命だと評価されています。

本庶佑博士 オプジーボ  pd-1

本庶特別教授の発見によって開発されたオプジーボは何が画期的なのでしょうか?

今までのがん治療は、

1. 手術でがん細胞を取り除く

2. 放射線療法

3. 抗がん剤なのど化学療法

の3本柱でした。ここに、第4の道を切り開いたのが本庶教授の研究でした。この第4の道「がん免疫療法」の分野で認められたオプジーボです。

オプジーボはがんの進行を遅らせたり、がんを小さくする効果があると言われています。

がん治療に新たな道を開いたオプジーボは当初、皮膚がんで使用され、その後、腎臓がん、胃がんなど臓器のがんにも効果が得られることが実証されました。その後、肺がん、食道がん、肝臓がんなど様々ながんを対象とした臨床実験が行われています。

オプジーボによって新たな道「がん免疫療法」が切り開かれたことによって、世界中で治療薬の開発合戦が行われています。

一方で、課題は、免疫療法で効果がある人は肺がんで20パーセント前後です。薬の組み合わせなどで効果を得られる方法が日々研究されているのが現状ですが、感謝さんに大きな希望を見出す研究成果です。

本庶佑 研究で心掛けていること

研究で心掛けていることは、「好奇心」「簡単に信じない」という本庶教授は、高校時代から次元が違う筒抜けた存在だったと言います。

職業として研究者を選ぶときの第一番の理由は「好奇心」。幼いときから培ってきた好奇心がノーベル賞へ導いたのでしょうか。

今回、共同受賞したのはジェーム・P・スアリソン教授。二人はがんの免疫療法を共同で研究されていました。

ジェームズ・P・アリソン wikiプロフィール

名前:ジェームズ・P・アリソン
英語:James Patrick Allison
免疫学者
ジェームズ・P・アリソンはアメリカ合衆国の免疫学者。テキサス州出身。カリフォルニア大学バークレー校やハワード・ヒューズ医学研究所の研究者を経て、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター執行役員。 1969年にテキサス大学オースティン校卒業後、1973年に同大学院で生命科学の博士号を取得した。 ウィキペディア
生年月日: 1948年8月7日 (年齢 70歳)
生まれ: アメリカ合衆国 テキサス州 アリス
学歴: テキサス大学オースティン校
フィールド: 免疫学
書籍: Cancer Immunotherapy
受賞歴: 生命科学ブレイクスルー賞

本庶佑 若者に対して

何かを知りたいという心を大切に、教科書に書いてあることを鵜呑みにせず、自分の目でモノを見る、そして納得する、そういう研究者になってほしいと語っています。

本庶佑 山中教授からのコメント

本庶佑先生は、がん治療において今までになかった概念にないものを生み出し、成果を得られたということで、山中教授は何年も前からノーベル賞を何回取ってもおかしくない存在だと思っておられたそうです。

実際に本庶佑先生がノーベル賞を受賞され、飛び上がるほど嬉しかった、心から誇りに思いますと語っていました。

本庶佑先生は山中教授にとっては妥協しない、真理を追究される怖い先生でもあり、神様の様な存在だそうです。

本庶佑 出版本

ゲノムが語る生命像 現代人のための最新・生命科学入門 (ブルーバックス) [ 本庶佑 ]

PDー1抗体でがんは治る 新薬ニボルマブの誕生【電子書籍】[ 本庶佑 ]

Amazonで探す>>>Amazon.co.jp

楽天で探す>>>楽天市場

Yahooで探す>>>Yahoo!ショッピング

本庶佑 家族

本庶佑さんには滋子さんという妻と息子さんがいらっしゃるようです。

本庶佑 関連銘柄

がん治療薬オプジーボの小野薬品が夜間取引でバイオ祭りの様相です。関連銘柄本命株価急騰しています。

ちなみに関連銘柄は下記の様なものがあります。

本庶佑 ニュース

【関連記事】

7ルール出演の玉城絵美が可愛い!ポゼストハンド開発し世界の発明50に選出される才女!ベンチャー企業H2L起業で…
武部貴則准教授が超イケメンの若き天才!iPS細胞研究分野でネイチャーにも掲載された実績!結婚や研究内容は? 武…
スポンサーリンク

シェアする

フォローする