ビットコイン(Bitcoin)とは?もはやもう手が届かない!?億り人を輩出した元祖仮想通貨の王様!おすすめの取引所や価格は?【仮想通貨】



ビットコイン(BTC)の基本情報や歴史・特徴は?おすすめの取引先など

ビットコイン(BTC)とは、インターネット上で使える形のない通貨のことを指します。

形がないことから「仮想通過」「暗号通過」「デジタル通過」と呼ばれています。

名前だけなら聞いたことがあるけど、実際にはなんのことだかわからないと言う人の方が多く、実際にやられている人も日本国内ではまだ僅かになります。

今回は、ビットコインについて基本的な情報や特徴などを、子供でもわかるように簡単にご紹介します。

ビットコインを簡単に説明しよう

ビットコインとは、海外に送金する決済が簡単で手数料が安く、匿名で集金が可能であり、価格変動があるので資産運用としても利用することができます。

ここで疑問に思うものが「電子マネーと同じなの?」という疑問です。

身近なもので言えば、nanacoやpasmoと言ったカードにお金をチャージして使う電子マネーを想像する人がいらっしゃると思いますが、電子マネーとビットコインでは明らかに違うものがあります。

電子マネーには発行元が存在しますが、ビットコインには発行責任者がいないところです。

そしてお金と引き換えに入金する電子マネーと違いビットコインは何もなかったところから生み出されたものです。

わかりやすく説明すると、例えばアバターを可愛くしていくゲームがあるとします。

このゲーム内でアバターが来ている洋服を独自で10枚だけと決めて、作りだし着させているとします。

すると1人のユーザーが、その人が作り出した洋服が欲しくなり「買いたい」と交渉をしてくるとします。その時に、洋服と同等の価値となる物と開発者は交換するように交渉するとしましょう。

例えばそれが、あなたにとってなんの価値も見いだせないトイレットペーパーの芯だとします。

しかし、洋服の開発者がトイレットペーパーの芯10個と洋服1枚を交換しましょう。となれば、トイレットペーパーの芯に価値がでてきますよね?

そして、そのトイレットペーパーの芯で洋服を買った人がいる噂を聞きつけた人が、またその10枚のうちの洋服が欲しくなったら、トイレットペーパーの芯を集めてきますよね?

このように、なにもなかったところから価値を見出したものが「ビットコイン」となります。
現在皆さんが使用している「紙幣」が価値があるものだと認識しているのは、スーパーやコンビニで売られている、自分が必要としているものを手に入れるには、「紙幣」を払わないと手に入らないからこそ価値があると認識しています。

このようにビットコインに価値を見出せると思った人の集まりから広がっていったものが仮想通過だと理解すればわかりやすいでしょう。

ビットコインの歴史

ビットコインは、2008年に「サトシ・ナカモト」と言う名前を使った謎の人物が公開した論文に興味を持ったプログラマーたちが開発したのが始まりでした。

そして2010年5月22日に初めて現実世界で通過として使われたと言われています。

フロリダのプログラマーが「ビットコインでピザを買いたい」と書いた投稿を見たピザ屋さんが「ピザ1枚を1万BTC」で販売したのが、世界で初めてビットコインが現金の価値を同じ意味を見出した日でした。

2018年4月4日時点で、1BTCを日本円価格にすると約78万1300円ですから、現在で考えたら、とんでもない金額になることが想像つくと思います。

ビットコインの特徴

ビットコインの特徴は、主に3点です。

1つ目は、コインの量の上限が決められていることです。最大2100万枚までしか造られないとなっています。

現在の時点で、1200万枚がすでに配給されています。

コイン発行の規則によると、4年毎に発行量が半減すると言われているので、それを考慮すると最終的に上限を満たすのは2040年と言われています。

2つ目の特徴は、送金手数料と送金時間です。

ビットコインの決済には、銀行などを通さないことから、無料で世界中の誰にでも大金を約10分程度で送ることが、当初は可能だと言われていました。

しかし2018年4月現時点では、利用者が増え、送金手数料は数円から数十円程度でよかったものが手数料が増え、送金時間も約1時間程度かかってしまうこともあると言われています。

3つ目の特徴は、やはりその認知度です。

最初に発表された仮想通過なだけあり、その認知度は他をしのぐものがあります。

現実に決済を行える実店舗も多いのがビットコインの特徴だと言えるでしょう。

ビットコインはどこで使えるの?

先程ご紹介したように、現実に決済が行える実店舗は日本国内だけでも、2018年4月時点で、通信販売で65件、実店舗で247件あると言われています。

全ての実店舗の名前をあげるのは大変なので、国内で有名な実店舗を何社かご紹介しますと、メガネスーパーやビックカメラ、コジマなど、誰もが知っている有名店で使用できるようになっています。

このことからも、「ビットコイン」が怪しいものだと考えている方も、まだ多くいらっしゃいますが、お金と同等の価値として大手企業が認めていることがご理解いただけたと思います。

ビットコインのおすすめの取引所は?

ビットコインを購入するにあたって、安心できる取引所をご紹介します。ビットコインは知名度が高いので、日本国内のどの取引所でも基本的には購入することができますが、仮想通過初心者の方におすすめする取引所は、「bitFlyer」という取引所です。

ここでは、取引所業界の最大大手であり、初心者にもとてもわかりやすい取引所となっています。

次におすすめな取引所は、「GMOコイン」です。

ここでは、現在キャンペーンで口座開設と共にビットコインが貰えるキャンペーンをおこなっており、取引手数料も無料です。

そして、次におすすめな取引所は、「DMMビットコイン」です。

タレントのローラさんが、CMしていることでも信頼感が強い取引所ですが、おすすめポイントはサポート力です。

24時間365日お客様サポートに対応してくれて、LINEでのお問い合わせにも対応してくれています。

【仮想通貨取引所】

bitFlyer

DMM Bitcoin

ビットトレード(BitTrade)

GMOコイン

QUOINEX 他